iPad mini(第5世代) x Apple Pencilで最強のメモ帳となった

長いこと待ちわびていたiPad mini(第5世代)がようやく届いたのでさっそく使ってみた印象を書いてみたいと思います。

医療者として白衣に入れて持ち歩くのは基本で、そこにiPad miniの魅力があるわけです。

しかし、今までiPad miniでできなかったApple PencilがiPad miniで使えることになったことで、ガチの仕事をする以外のことはiPad miniで可能となったような気がしています。

本体以外に購入したもの

本体以外にApple Pencilとシリコンケース、そして紙の書き心地と同じような画面の保護シートを購入していました。

今まで使ってきたiPad miniにはすべてシリコンケースにしていました。

画面を覆うケースだと、メモを取ろうと思った瞬間に画面に覆っているケースを取るひと手間があるので、それが嫌でいつも画面が露出しているシリコンケースを使っています。

画面の保護シートは使っていましたが、これは傷つけずに使って、中古品として高く売るためには必須です。

今回は貼ることによってApple Pencilの書き心地が紙のようになる商品を選びました。

今までのiPad miniとの重量比較

今まで持ち歩いていたiPad miniの重さは371グラムでした。今回購入したiPad mini第5世代の重さはと言うと、

ケースなどをつけてさらにApple Pencilの重さも含めると392グラムとなり21グラムの増加となりました。

ただApple Pencilを持ち歩くと言う便利さは21グラムの重さよりも便利さが増してますのでこれに関しては問題ないかと思っています。

書き心地はバツグン

一時期、iPad ProとApple Pencilを使っていたのですが、その時の書き心地と比較しても遜色ないように思います。

つまり、自分が思うところにペン先が触れて書くことができること、ペン先と書き出されている文字のタイムラグがない、この2点に関して申し分ございません。

Apple以外の製品をたまに使うことがあるのですが、やはりAppleの質と比較してしまうと他の製品に行くことができません。

今回のiPad miniとApple Pencilの組み合わせについても改めてそう感じました。

さらに、今回はペーパーライクな画面保護フィルムを使っているので、少し引っかかりがあり、ツルツル滑らずに書くことができて確かに紙に書いている感覚と似ています。

もちろん、本当の紙に書いている感覚とは違いますが、滑りすぎず書きやすくなっています。

そして、Apple Pencilのちょうどいい重さも書き心地をアップさせている要因かと思っています。

Evernote製品のスタイラスペンを使っていた時期もあるのですが、やはりApple Pencilはよく考えられていると思います。

いまのところGoodNotes5

ノート系アプリはいくつか使っているのですが、どのアプリも手書きに特化しているわけでなく、アプリの軽さ、書きやすさ、管理しやすさを考えていまのところはGoodNotes5を使い始めています。

PDFの処理もできるし、単純なメモも取りやすいのでしばらくは手書きメモはこちらを使おうかと思っています。

仕事の中心はやはりラップトップ

古い世代からなのかもしれませんが、どうしてもiPadをメインの仕事道具として使うことができません。

iPadでパワーポイントや文章を書き上げる人も周りにはいるのですが、やはりどうしても何か文章を書いたり仕事をするときにはパソコンに頼っています。

ですから、iPad miniはあくまでもメモ帳代わり、仕事の一部を担ってくれるという立ち位置です。

iPad Proと比較してiPad miniがおすすめなのは、仕事はMacBook、メモやイラストはiPadと使い分けている人には、外出するときにどちらも持っていくという選択肢が迷わずに可能な点です。

iPad Proを使っていたときには、MacBookもiPad Proも持ち歩くと考えるとちょっと荷物の関係からしばらく悩まなければなりませんでした。

でも、iPad miniなら迷わず一緒にMacBookを持っていこうと思うので、この点もiPad miniを重宝する点です。

結局、賛否両論あると思うのですが、私にとってiPad miniはメモ帳、読書、簡単な仕事を担うツールであってそれ以上の役割はないと割り切って使っています。

手書きメモからiPad miniへすべて移管?

いままでは手書きのメモ帳を2冊持ち歩いていました。

1つが339gですので、2冊で約680gもの重量を抱えていました。

iPad miniだと電源の心配がありますし、山の奥地で電源がない状況に行く可能性もあるのでそのようなときには手書きのメモを持っていくとしても、普段はすべてiPad miniで完結させてしまおうか悩んでいるところです。

手書きのメモ帳の良い点は、

・パラパラめくって発想を膨らませられることができる

・暗記事項などランダム化が必要なときに便利

過去に書いたメモをパラパラめくりながらさらに考えていくことができるのは捨てがたく思っています。

まあ、確かにデジタルメモでもパラパラすることが可能といえば可能なんですが、説明できないのですがなにか違うんですよね。

もうひとつは、開いたページの復習をする、なんてランダマイズした使い方もできるのが手書きメモのいいところだと思います。

デジタルメモだといきなりランダムに開くことができないので。

たしかに、ページ数を適当に入力すればデジタルメモでもランダム化らしいことはできるのですが、なんとなく違う気がしています。

新た悩み

いままでになかった悩みとしてApple Pencilをどのように持ち運ぶかがいまの悩みとなっています。

さっと取り出して、さっとメモできないと意味がないのです。

だから、ペンをペンケースなどに入れていては便利さが半減してしまいます。

かといって、裸でポケットに入れるのもなくす可能性が高くためらってしまいます。

確かに、ペンホルダー付きのカバーにすれば問題は解決なのですが、どうしても抵抗があります。

まとめ

今回のiPad mini(第5世代)の購入には大変満足しています。

やはりApple Pencilを使うことができるようになったのは、iPad miniのメモ帳としての役割を2倍増し、いや3倍ぐらい便利になっている気がしています。

ただ、残念なのはApple Pencilは第1世代しか使えないのでここは注意しないといけない点です。

もしかすると手書きのメモ帳を持ち歩かなくなる可能性も出てきました。

まだまだ試行錯誤ですが、荷物の手軽さを重視するとこの方向性は仕方ないことなのかもしれません。

しかし、Apple Pencilをどのように持ち歩くかについての最適解はいまだ見つかっておらず、いまのところの最大の悩みとなっています。

スポンサーリンク







スポンサーリンク




error: Content is protected !!